ニキビ専用のケア化粧品の効果は?口コミ人気のコスメってどう?

このところ、重曹がニキビケアに有効だという話をよく聞きます。

重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、重曹を加えた洗顔料を使って洗顔すれば、毛穴の汚れや角質を取り除くことができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。

ただし、重曹には研磨効果もあるので、洗顔に使用すると肌を傷つける可能性もあるため、試してみる際には、十分に気を付けてください。

にきびの原因とも呼ばれているのがアクネ菌です。

例えばフェイスタオルや、メイクに使うスポンジを2人もしくは3人で使いまわすのは絶対に辞めて下さい。

且つ、例え家族でも直接手に触ってしまった時にそのままにして触れた手を洗わずにほうっておくと、他の人のニキビやアクネ菌がうつってしまうことがあるそうなので十分注意が必要です。

それ以外にも自分のニキビに直に触れた手で、頬や鼻といった別の場所に触れてしまうと、意外にもその場所にニキビが出来てしまう場合もあります。

どうしてもニキビというと顔に出来るイメージがありますが、別の部分で一番にきびになりやすいといわれているのが、意外にも発見しずらくケアも難しい背中のようです。

こうした背中のにきびは大きな鏡で見ないと分らないことも多く、もし大量のにきびが出来てしまった場合でも、全くケアせずに放置してしまったという方も実際にいます。

かと言ってクリームも塗らずに放っておくと、適切な処置が出来ない事と更に悪化する可能性があり、長時間かけても治らない跡になる事もあります。

だからこそ見えない部分に気を配りましょう。

ニキビが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、中身を絞り出してしまいます。

中からニキビの種が飛び出してくるのがとっても大好きです。

でも、5回に一回は綺麗に中身を出す事が出来ず、無理にでも中身を出そうとして、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。

ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、また白いニキビが出てくると自分を抑えられずに、また中身を出すべくにきびをつぶしてしまっているのです。

顔に出来てしまうニキビは、男性であっても女性であってもなかなかすぐには治りにくい悩みの種です。

多少なりともニキビが出来ない肌をつくるために、テレビで紹介された方法を試すなど工夫している方も多いです。

中でも特に効果を期待出来ると今注目されている方法が、石鹸やクリームを使わない水での洗顔です。

殆どの方が、おでこや頬にニキビを見つけた時に気になってしまいいつもよりも多く洗顔をしてみてたり、これは効くと謳い文句の洗顔クリームを使いたくなるのですが、潤いを保つ油脂まで落としてしまう事があるからです。

様々な原因からニキビが悪化してしまうと、芯が入っているような固さになる場合が多く、素手でニキビの部分を触るだけでとても痛くなることがあります。

人目に触れない部分ならまだしも顔に出来てしまうと、何もせずそうっとしておくのが良いのですが、ついつい触ってしまうという方が殆どだと思います。

但し触れるだけで、殺菌が入ってしまうことがあり早く治したいのに時間がかかってしまうこともある為、市販のものよりも病院で処方された薬を使うなど、常に清潔な肌でいられるように工夫していきましょう。

ホルモンの分泌がとても多いことなのではと言われています。

そのため、成長期にニキビになることが多いのです。

ニキビが出来ない心掛けは人それぞれにあります。

規則正しい睡眠時間です。

あまりにもニキビが酷く何とかしたいからといって、汚れを落とすために洗顔をしすぎてしまうと、本当は適度に無ければならない油分まで落としてしまい、逆に、にきびが悪化して悪くなる場合もあるのです。

それが分っていても、どうしても辞められない方は顔を洗うのは一日の中で多くても二回までにしておきましょう。

ポイントは、しっかりと泡を立てて洗顔すること、手が直接肌に触れないようにする事が大事です。

あくまで泡だけで顔全体を覆うようにして洗い、アフターケアとして保湿をしっかりして終わりです。

私は20歳になったばかりの頃にこんな経験をしたのですが、とても一言では言い表せないような痒みで背中を見ると、想像を絶するような数の吹き出物が出来ていたのです。

直ぐに、診てもらうために皮膚科に行きました。

診察を終えた後に、先生から言われたことは「検査してみたところ、このおできはニキビです。

原因としては、偏った食事が考えられます。

いつも好きな物だけを食べたり、油物が多いのでは?」とその通りの事を言われたのでドキっとしました。

大好きな好物のチョコレートが原因だったようです。

気になって仕方ないニキビを潰して治そうとすると、透明や黄色がかった色の膿が出てくるはずです。

もう一度ぎゅっと奥の方から押すと今度は芯が出てきます。

じつはこれがニキビをつくる原因になっており、無理やり潰してしまうと敏感な肌を更に傷つけてしまうので、一日でも早くきれいな状態に戻したい方は避けましょう。

またこの方法は、腫れあがった肌に力を加えて出すためにいっそう炎症を起こしやすくしてしまう可能性があります。

もっと酷くなるとニキビ跡として残り消えないこともあるので、丁寧に正しい方法で直して行く事が最もベストです。

参考:ライスフォース「アクポレス」の口コミ・体験レポとは?