フラット35を申し込んだらまず審査が必要なの?

フラット35を申し込んだらまず審査が必要です。
フラット35は最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳しく行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
魅力的な商品「フラット35」とはずっと固定金利だし保証料や繰上げ返済手数料0円など、利点も多い上、返済中万一のことがあった場合にそなえ安心サポート等(保険関係)もあったりしますよね(^^)諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、安くても数十万?数百万単位の現金が必要となるでしょう。
フラット35という名前の住宅ローン最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ審査が少し変わっています。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
とはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
でもやっぱり、未来は家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。
これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。
なのでそれ以下の金額であれば問題ありませんから・・・。
思いもしないところから援助を受けることもあるので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。
今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。